住宅リフォーム・エコキュートなど省エネ住宅設備の実績10,000軒以上!信頼できる施工会社

2009年1月30日

横断歩道で気づいたこと。

私は車で通勤している。その通勤途上で気づいた事・・・

毎朝の通勤に利用するその道は住宅街の真ん中をばっさりと切り分けたかのようにして縦断している。
道幅も狭く、歩道も無い。

しかし、通行量の多い近くの国道のちょうど真裏に位置し、信号が少なく近道になっているので、国道の抜け道にもなっている。

朝夕は通勤の車などで結構往来もはげしく、勤め先や自宅へ急ぐのか、猛スピードの乱暴運転のドライバーも目立つ。

その道路の途上には中学校があって、生徒たちが道路を横切るための横断歩道がある。
ただ、そこには信号が無いので、横断しようとする生徒は車両を通り過ぎ去るのをいつも待っている。

ある日の朝、私はいつものようにその横断歩道に差し掛かかろうとしていた。
その時、前方を走っていた車がその横断歩道の手前でゆるやかに減速して停止した。

当然のように校門へ急ぐ数人の生徒達が横断歩道を渡っていく。

横断歩道を歩いている生徒らをぼんやりと眺めているうちに、ハタと気が付いた。

『そうや!横断歩道で通行待ちの人がいたら車は一旦停止せなあかんかったんちゃうか!!』・・・と。

そうや、そうや、まして中学校の生徒だし、大人は子供を守ってやらなあかんのに・・・・。

忘れてた!

私はこれまでその横断歩道で一旦停止などした記憶がほとんどなかった!
横断待ちの人影を感じても、多少の減速はするものの、停止することなく生徒達の前を涼しい顔で走り抜けていたのではなかったか・・・

私の心中では、『車が通り過ぎて安全確認できたら渡りよるやろ・・・』みたいな感覚があったのに気がついた。

それまで自分はどちらかといえば良識のある方の人間だと思っていたけど、
『それほどでもないねんや・・・』ということに気が付いた。勘違いしていたかも・・・

一旦、『それほどでもない・・・』自分に気が付いてしまうと、他の面でも結構“ボロ”が見えはじめてくる。

自分勝手な行動を、自分に都合の良いように理由付けて平気で振舞っていたかもしれない。
ああ、いつのまにか自分はほんまに思い上がってしもてたんやなぁ・・・

今年はもう少し自分を客観的に見るくせをつけてみよう。そう思った。

その後、横断歩道はどうしているか?ですか?
生徒が待っていたら停止するようにしていますよ。だけど、後方の車両にもよります。

狂ったように車間距離を詰めて追い上げるようにして走ってくるドライバーが後ろにいたら、とてもそれは叶いません。

まともな事をしようとしても、ままならない世の中って、ほんとストレス溜まるよなあ・・・

(りらいふの営業エリア)

○大阪府南部
大阪狭山市・堺市・高石市・和泉市・河内長野市、富田林市、南河内郡、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、太子町・河南町・千早赤阪村

○奈良県西南部
香芝市・葛城市・大和高田市・広稜町・上牧町・王寺町
MENU
あなたにぴったりのリフォームを探せるサイト
TOTO リモデル.jp はぴスマイル店 四季のお便り

わたしの夢リフォーム 洗いの殿堂