住宅リフォーム・エコキュートなど省エネ住宅設備の実績10,000軒以上!信頼できる施工会社

2007年2月22日

家庭用燃料電池システムの将来に期待するが・・・ 堺市 施工例

自宅に燃料電池システムを導入して、早2ヶ月を迎えました。

新エネルギー財団の『定置用燃料電池大規模実証事業』に応募し、昨年の12月、わが家にも燃料電池システムの設置が実現した。燃料電池システムとは、天然ガスやLPガスを改質して水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させて電気を作り、発電時に出る排熱を給湯に利用する、非常にエネルギー効率が高いらしい。

中学の理科の授業でやった水(H2O)の電気分解実験の逆の理屈で電気と熱を得る。
遠隔地にある発電所からの送電はどうしてもロスが出るので、作ってその場で使えるから無駄も無い。

しかも、水素エネルギーはクリーンでCO2の排出量も少なく、地球温暖化にも貢献するという。
エネルギー貧困国である日本の将来に明るい兆し・・・?

但し、現在、製品化している家庭用燃料電池は水素を直接使用することはせずに、天然ガスやLPGから取り出して反応させている。水素そのものは取り扱いや搬送に難題があり、現状では既存の家庭用ガスを改質して使用するのが無難であるという理由らしい。

2ヶ月間使ってみた感想はどうか、であるが、正直言って普及にはまだまだ、と感じる。
その訳は、価格(現状では数百万円する。うちはモニターなのでタダ!)がベラボウに高く、発電の定格出力は800Wとなっていて、家庭の電力の6割を賄う、ことになっているが、その実感が無い。

先日、ガス代が1万3千円、電気代が1万8千円と請求が届き、女房殿は目を白黒させていた。燃料電池の導入前の電気代(オール電化)は平均数千円~1万数千円で、ガス代は0円だった。燃料電池導入によって、ガス代が発生するのは見えていたが、発電した電気を使うことで、電気料金が下がるものと期待していたものの、電気料金はほとんど変わらないか、逆に高くなり、むしろ、ガス代が余計に増えてしまった!!3年契約なので、この先が恐ろしや・・・(ちょっと後悔)

しかし、まだまだ普及にはほど遠いとはいえ、燃料電池に託す日本政府の期待は大きい。政府は2010年には210万kwの普及を目指し、メーカーの尻を叩いている。
私も個人的には期待している一人の内であるが、実際はまだまだ厳しく、光熱費の経済効果だけで言うとオール電化の比ではない、と感じている。(エコウイルも然り)
でも、まだ2ヶ月だ。一年後にもう一度検証して、様々な角度から比較してみたい、と思っている。
%E7%84%A1%E9%A1%8C.jpg

左手前にあるのが燃料電池。奥がお湯を貯めるユニット。

◆最後まで当ブログをご覧いただきましてありがとうございました。弊社でお役に立つことなどがございましたら、下記バナーにてお問い合わせください。または、電話料金無料の弊社フリーダイヤルでもお受付いたします。

↓お問い合わせ、各種資料、カタログをご希望の方はこちらからどうぞ!
gr_top.gif

(りらいふの営業エリア)

○大阪府南部
大阪狭山市・堺市・高石市・和泉市・河内長野市、富田林市、南河内郡、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、太子町・河南町・千早赤阪村

○奈良県西南部
香芝市・葛城市・大和高田市・広稜町・上牧町・王寺町
MENU
あなたにぴったりのリフォームを探せるサイト
TOTO リモデル.jp はぴスマイル店 四季のお便り

わたしの夢リフォーム 洗いの殿堂