住宅リフォーム・エコキュートなど省エネ住宅設備の実績10,000軒以上!信頼できる施工会社

弊社と大手量販、ホームセンターとの違い

大手の家電量販店やホームセンターは、住宅リフォームにも力を入れています。
そこで、弊社と大手さんとの違いを思いつく限りですが、簡単にお伝えさせていただきます。

価格(商品や工事などにかかる総費用)
●大手量販店 ➡ かなり安い ※大量のチラシを打つなど、莫大な広告費を使っていても、商品の大量仕入れと薄利多売により、一部の商品や工事費用については、一般販売店(家電店や工務店)の価格に比べて安い。また、下請け業者へ委託する工事費も、依頼件数の多さと引き換えに安く抑えているので、手数料を上乗せしても、十分に勝負ができる。

■弊社 ➡ そこそこ安い ※住宅設備やリフォームに関しては、量販店と比較検討できるくらいには健闘している。但し、弊社が得意とする一部の商品、施工費用に関しては、量販店よりも安い場合もあります。もちろん、逆の場合もよくあります。

sen2.gif

施工(エコキュートやリフォームには必ず工事が伴います。そして、それらはがするものです)
●大手量販店 ➡ ほとんどが下請けへ依頼 ※住宅メーカーや工務店とタイアップしていても、実際の工事はほとんど下請け業者がしています。
量販店はあくまでも販売の窓口であり、工事や施工管理は、中小零細の各下請け業者に依頼しています。下請け業者も多数あり、いつ、誰が、どのお客様を担当するかは不透明なところがあります。

■ 弊社 ➡ 自社施工 ※必ず当社が責任施工で請け負います。エコキュートや給湯器、コンロなどの住宅設備、水回りのリフォームなどは100%、左官やタイル、内装等の専門職が必要な時には、長年の付き合いと信用のおける腕のよい職人さんに依頼しています。丸投げはせず、各施工案件ごとに、可能な限り、当社の施工監督者が責任を持って施工品質【仕上がりを含めて】の向上と安全に努めています。

sen2.gif

アフターサービス(施工後のご安心には、とても重要です)
●大手量販店 ➡ 各メーカーのサービス会社へ依頼 ※大手量販店やホームセンターは、製品の販売時には担当者が説明してくれますが、アフターサービスは、基本的に販売担当者ではなく、施工した下請け業者か、不具合のあった該当メーカーのサービスマンが来るはずです。これは長期保証の場合であっても同様です。

■ 弊社 ➡ とりあえず当社から担当者が参ります ※長期保証、一般保証にかかわらず、お客様から連絡があった場合、可能な限り当日中に当社から点検に伺います。その結果、当社で対応できる不具合は解消するように努力をし、メーカー対応が必要なケースでは、その旨、お客様へ説明後、迅速にメーカーへ依頼をかけます。当社が商圏の範囲を限定(一般道で片道1時間以内)しているのは、迅速なアフターサービスを実現するためなのです。

sen2.gif

見積もり(着工後に追加費用が発生しないよう、事前に見極めることも重要です)
●大手量販店 ➡ パック料金が多い ※トイレや浴室、キッチンなどの施工費にパック料金制を導入している大手さんは多いです。
分かりやすくて透明性が高いように思いますが、実際に施工するお家の経年や状態などは千差万別。ある程度の目安であれば別ですが、すべて一括りにして決められるのか、疑問が残ります。
また、工事後、『解体してみたら不具合があった。これには追加料金が必要・・・』なんてこともよく聞く話です。
お客様にすれば、最初に決めた金額以上の費用が発生するなんて迷惑な話です。
見積もりとは、そういったトラブルが起こらないように、可能な限りキッチリと見極める大切な機会でもあり、おろそかにすることができません。

■ 弊社 ➡ 小さなリフォームでもキチンと見積もりします ※たとえ蛇口や洗面台だけの取り換えであっても、その都度、キチンと見積もりをします。もちろん、見積もりは出来るだけ安くなるように努力をいたします。
また、着工後に当方の都合や勝手な理由により、追加費用を請求するようなことはありません。 但し、お客様からご要望があった場合や、事前の詳細な見積もり調査でも発見が難しいシロアリ被害などが判明した場合については、その都度施主様とご相談させていただきます。

sen2.gif

5〜6年ほど前の話です。以前に当社でオール電化をさせていただいたお客様から、こんなご相談がありました。
すでに水回りのリフォーム(洗面、浴室、トイレ)をある大手量販店さんで済まされた直後のことでした。
奥さん 『〇〇(大手量販)のチラシを見て、水回り3点パックのリフォームをしてもらったんやけど、これどう思います?』と話されながらご案内して頂いたのはリフォームをされた洗面室。

それは床に貼られたクッションフロアで、新しく取り換えられた洗面台のあたりが少しねじれて、微妙に波打っている感じでした。
洗面台と壁際のところで目立ちにくく、この程度なら気にならない方もいるかと思うくらい僅かなシワでしたが・・・

すぐさまクレームの電話を入れるとリフォームの担当者が来てくれて、工事をした下請け業者に手直しするよう、すぐに手配してくれたそうです。
後日、下請け業者が訪問、洗面台を動かすなどの手直しをしたそうですが、クセが付いてしまったのか、僅かにシワが残ってしまいました。
下請け業者は、『すみません、修正はこれが精一杯です。次も行くところがあるので・・・』と言って帰ってしまったそうです。

シワの状態はかなり改善されたものの、この処置に不満を隠せない奥さん、再びリフォーム担当者に来てもらったところ、
リフォーム担当者が 『・・・確かに微妙にシワ残ってますねぇ・・・でも、業者もこれが限界や言うてますし、何しろリフォームのことですからねぇ・・・・』と、まるでリフォームだからこれくらいのシワは仕方がない、みたいな態度に腹が立ち、とても悔しい思いをされたそうです。
そこで、以前に電化工事をした当社のことを思い出されて相談してみることにした、ということでした。

思わず口をすべらしてしまったのでしょう。依頼される件数も多く、ほかのお客様のことを考えれば、1つのクレームにいつまでも関わっていられないのだろう、とも思いますが、モノは言いよう、対応の悪さがクレームをこじらせたのは否めません。

また、大手さんの場合、依頼件数の多さのほか、高額なリフォームも多いはずです。小規模なリフォームと大きいリフォームが同時に進行していたとすれば・・・人情としては、どうしても後者を優先してしまうのは、寂しい話ですがよくあることです。

弊社も大きなリフォームは歓迎しますが、むしろ、蛇口ひとつの取り替えのような小さなリフォームも喜んで承ります。修理や修繕事も丁寧に対応することが、量販店さんや大手リフォーム会社との違いではないか、と思います。
※大手さんが小さな工事をおろそかにする、と言っているのではありません。依頼される数が多ければ、どうしても優先順位が設定されやすい、ということです

また、弊社のような小規模事業者であるからこそ、活かされる強みもあると思います。たとえば、施工品質を高めるための努力や職人のマナーの良さ、小回りの利くアフターサービスがそうです。これからもそういった長所、利点を伸ばしながら、工夫と努力を重ねてまいるつもりです。
皆様におかれましては、施工が伴う商品についての業者比較は、どうかそのあたりも含めてご検討頂けましたら幸いに存じます。
《小さな会社だからこそ出来ること、たとえばこんな事》はこちらの工事ブログをご覧ください

平成29年7月吉日
(株)りらいふ
代表取締役 長渕圭司