住宅リフォーム・外壁リフォーム・省エネ設備の実績5000軒以上!信頼できる施工会社

外壁塗装のお値段のご案内

◆要は、あなた様の大切なマイホームを任せられる業者かどうか、です
30坪まで〇〇円!】、【今なら足場代無料サービス!】なんて広告をチラシなどで見かけることがあります。

ある程度の価格表示は、おおよその概算を知るためには参考にはなると思います。
しかし、実際には【坪数×単価】みたいな条件だけでご費用が計算できるはずもなく、普通なら20万円前後もする足場代をサービスするのも難しいことです。
仮に【坪数×単価】で見積もりをしたとしても、家の大きさが同じであっても、条件次第でまったく違った価格になることもあるのです。

gaisyuu.gif
上図のようにA邸とB邸があったとします。計算するとどちらも建坪は約22坪、72㎡で同じなのですが、形状が異なる事で外周が違い、実際に塗装する外壁の面積が変わってくるのです。
チラシ広告のように、同じ坪数、同じ平米数で費用を計算したとなれば、結果的にA邸とB邸では外壁の塗装面積に4mの差が生じてきます。
そして、4m×壁の長さ+家の高さ=約20平米ほどが違うことになり、足場代だけで少なくとも2万円前後の価格差になるのです。
加えて、塗装作業の材料や手間、養生も違ってくるので、おなじ建坪であっても10万円前後~の違いが生じる計算になります。
仮にその費用の差額を塗装職人がかぶったとしたらどうなるでしょう?下請けの弱みで引き受けざるをえず、結果的に手抜きの原因になることもあり得ます。
最近は分かりやすくて安心という理由からパック料金のような仕組みが人気のようですが、価格に見合わない仕事をさせられる下請けさんにとってはたいへんなことで、現実にこのようなことはたくさんあるようです。
要は、センセーショナルで派手な広告に惑わされることなく、見積もりは複数社からとることをおススメします。illust3658.png
そうすれば、きっちりとした見積もりを作成した会社かそうでないかが自然に分かるはずです。
ご費用は安いに越したことがありませんが、大切なマイホームを任せられる業者かどうかも見極める必要があるのではないでしょうか?


◆ご費用は安いに越したことがありません
ご費用は安ければ安いに越したことはない、ということは先にも申し上げました。
弊社も【可能な限り低廉なご費用】でご提供することに努力は惜しみません。
かと言って、見積もりは正確、かつ真摯に実施するべきもので、紋切型の簡便な方法で導き出せるものではないはずです。
先のようなお家の形状による違いや壁の材質(モルタル、サイディング、RCなど)、劣化の度合いにより、最適な塗料や工法を選び、そこから数量や価格を導き出すのが正しい方法のはずです。
あくまでもご費用とは、そのお家にとって最適な工事に対して算出するもので、決して【30坪でなんぼ!】みたいな、価格ありきではありません。
もちろん、採用する塗料や工法にしても、塗装会社の都合で示すべきものでもなく、そのお家や状態など、お客様のことを考えて選ぶのが当たり前なのです。

◆具体的なご費用
建前論としてはともかく、お客様のご関心がご費用にあるのもまた事実ですね。そこで、ここからは具体的なご費用について簡単にご説明しましょう。

一般住宅においての外壁塗装の基本的なご費用は、
①足場設置・・・  10数万円~20数万円 ※広さ、資材の搬出入経路等の条件により異なります。

②高圧洗浄・・・  壁・3万円~、屋根・2万円~※上に同じ 

③下地調整・・・  こちらは概算で出すのは難しいですが・・・モルタル、サイディング等の状態によりかなり違いますが、数万円~20数万円といったとこです。

④塗装作業・・・  上と同じ理由で一概に申し上げられませんが、下塗り、中塗り、上塗りで、壁なら40万円~、屋根(スレート)で10数万円~20数万円です。

⑤付帯塗装・・・  破風板や軒天などの木部、雨どいや排水管など樹脂、雨戸や手摺などの鉄部の種類や数量などの条件で異なります。10万~10数万円が多いです。

特に下記条件の違いがご費用に大きな差が生じてきますのでご説明しておきます。
どのような種類の塗料をどれくらいの缶数必要になるのか?※塗装する面積と塗料の種類により費用は異なります。
メーカーは?水性か溶剤系か?ウレタン系かシリコン系、それともフッ素系か?それによって価格が変わってきます。
※当然、算出する数量は、1缶に対してどの程度の水を入れて薄めるのか?(メーカーの規定量通りに希釈してどれくらいの缶数が要るのか?)も考慮して計算します。
               ⇓塗料の種類により価格が違い、高級な塗料ほど耐久性もある。
塗料比較.gif

塗装を施す壁や屋根の下地の状態はどうなっているのか?
「塗装工事は下地の調整で決まる」といわれているほどの重要な作業で、塗装前の下準備として、サビ・汚れ・古い塗膜のはがれなどをケレン掛け(研磨)してきれいにならして塗料の密着度を高めます。

モルタルの壁であればヒビ割れの度合いにより修復する費用は異なりますし、サイディングではコーキングの劣化次第で、古いコーキングを撤去して打ち直すのか、それとも増し打ちだけで済むものかどうかでも変わってきます。
 ⇓コーキングを打ちかえる前                         コーキングを打ち、下塗りをした状態⇓
IMGP0678.gif IMGP0749.gif

この下地調整をおろそかにすると、劣化した塗膜や汚れの上から塗り重ねることになり、塗装の品質と耐久性を著しく低下させてしまいます。
どんなに高品質の塗料を規定通り希釈、丁寧に重ね塗りしても、この下地調整をきっちりと行わなければすべてが徒労に終わってしまいます。
弊社では、実際のお家の壁や屋根の状態から、下地調整に必要な費用を計算します。

総額としては、ご参考程度のざっくりとした数字ですが、弊社で施工させていただいた住宅の例では、約80万円前後~150万円くらいが一番多いです。
そのあたりは弊社施工例でもご費用の表示はしてありますので、ご参考にしていただければと幸いに存じます。
《弊社の外壁塗装工事の施工例》はこちらです

また、外壁塗装工事のご費用は低金利のはぴeリフォームローンも取り扱っております。是非ご利用くださいませ。
ただ今の実質年利は2.7%(平成26年9月現在)となっております。※ローン金利は変わりますので、お問い合わせください。

㈱りらいふ
代表 長渕圭司
お問い合わせ、ご相談、見積りは無料です。下のバナーをクリックしてください!
toiawase.gif

(りらいふの営業エリア)

○大阪府南部
大阪狭山市・堺市・高石市・和泉市・河内長野市、富田林市、南河内郡、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、太子町・河南町・千早赤阪村

○奈良県西南部
香芝市・葛城市・大和高田市・広稜町・上牧町・王寺町