住宅リフォーム・エコキュートなど省エネ住宅設備の実績10,000軒以上!信頼できる施工会社

パナソニック太陽光発電システムでエコリフォーム! 施工例とご費用 堺市

最近、エコポイントやエコカー減税、補助金などの話題が持ちきりで、ちょっとしたエコロジーブームが到来した感じがしますね。
このエコロジーブーム、火付け役は日本国政府。
平成17年に発効した京都議定書の日本のCO2削減割り当ては、1990年に比して6%減というものでしたが、2006年度報告では、逆に6,2%も増加しているとの発表がなされました。

これは、本来減らさなければならない6%分と、逆に増えてしまった6%分とを合計して、12%も削減目標を上げなければならないことを示しています。

2009年6月、麻生首相は,2020(平成32)年までの温室効果ガス排出削減目標(中期目標)を、「05年比15%減(1990年比8%減)」とする方針を発表しました

このような背景と、大不況の景気政策ともあいまって、にわかに補助金ラッシュ?が沸き起こり、下火気味だった太陽光発電システムも急速に脚光を浴びてきました。

具体的には政府からは1kW当り7万円(住宅用最大70万円まで)、くわえて、自治体の中にも補助金を出すところも出ていますから併用すればかなりの金額になる場合もあります。
しかも、太陽光発電で発電した電気が余れば電力会社が買い取ってくれますが、その買取価格が倍に上がるということも決定しており、早ければ今年の秋くらいからにでも始まるということです

補助金助成の自治体は、当社営業エリア内で挙げれば、堺市(7万円/kW)のほか、大阪市(10万円/kW)、和泉市(5万円/kW)などの自治体があります。
※各自治体とも助成金額に上限があります。

前おきが長くなりましたが、今回の【夢リフォーム】の主役のお客様は堺市にお住まいのY様です。
先に触れましたように堺市では大阪市(1kw当り10万円)についで最も多い補助金を出している自治体です。
その金額は1kW当り7万円(上限28万円)。
仮に3kWのシステムを設置すれば、3(kW)×(7万円(国)+7万円(堺市))=42万円の補助金が出ることになります。

Y様のお家は築10数年余り、ご夫婦様とも以前からオール電化と太陽光発電にご関心を持たれていたそうですが、費用面等の問題もあって、先送りになっていました。
しかし、今回の補助金復活の勢いがきっかけとなって、ついに実現した、というわけです。

今回は、そんなY様のエコロジーリフォームの内容をご紹介したいと思います。
※このリフォームにかかったご費用や補助金の金額などの詳細は最後にご紹介しています。

第一部 メーカー(製品)を選ぶ

テレビなどの家電品はお客様のお好みやセンスで決められることが多いようですが、太陽光発電やエコキュートなどの見かけでは分からない製品については、どのメーカーの何が良いのか?といったようなご質問をよくされます。

Y様も同じく、太陽光発電システムやエコキュートなどのオール電化製品を、どこのメーカーにすれば良いのかお悩みでありました。

太陽光発電のメーカーとしては、国内4大メーカーであるシャープ、サンヨー、京セラ、三菱に続き、ホンダ、昭和シェル、カネカなどがあり、最近では中国のサンテックも参入して市場を賑している状況です。

弊社での取り扱いは、現在のところシャープ、サンヨー、京セラ、三菱の4社ですから、この内からY様のお家や事情にあった製品を選んでいただく、ということになりました。

それでは【4大メーカー】からどのメーカーの何を選べばよいか?ですが、いずれのメーカーも優秀で特徴もありますが、価格が安い方から順に揚げれば、シャープ、三菱、京セラ、サンヨーとなります。
下記にありますのは、弊社がご提供している価格の目安と特徴を簡単にご紹介しております。
kakaku3.gif


上の表を単純に見れば、シャープか三菱となりそうですが、弊社ではユーザー様の屋根の状態【面積、方角(南面かどうか?)、傾斜角度等】などを考慮に入れてご提案するようにしています。
Y様のお家の屋根は、屋根面が南向きではなく、東西に面し、写真のように真西の一番広い面積の屋根の傾斜がきつくて発電などの効率面でお奨めできませんでした。

                                   実際に設置する東面↓
s様邸-251.gif 様邸-361.gif


モジュール設置の推奨条件としては、南に面しているのはもちろん、傾斜角度も30度前後くらいが良いとされています。※緯度によって異なり、沖縄などは20度くらいが最適とされてます。

モジュールの設置条件が最適(真南、広い、角度もOK,電柱や樹木など遮蔽物がない・・・)な屋根であれば、国内4大メーカーのどれをとってもそれほど大差もないので、価格の一番安いシャープなどのメーカーが良いかもしれません。
しかし、Y様邸の屋根は東面で、しかも設置面積が狭く太陽光発電には不利な条件でした。
そこで弊社のご提案は、設置面積当りの発電量が世界一のサンヨーのHITをお奨めすることにしました。
HITであれば、狭小な屋根であればあるほど発電量が他社製品よりも多く発電することができ、東や西面、曇天時の日照量が少ない場合でも、その威力を発揮してくれます。

↓HIT21と他社の多結晶シリコン電池。左の写真は日照が多い状況。右は日影。
s様邸-363.gif s様邸-361.gif
太陽光の条件が良ければそれほどの大差は無いですが、日射条件が悪くなれば一目瞭然。右の写真のように他社多結晶はほとんど発電を示すインジケーターが上がっていません。

第二部 太陽光発電の工事

↓今回ご採用のモジュール。人間と比べるとその大きさが分かります。  トラックに積んで出発です!
s様邸-358.gif s邸-358.gif


↓Y様の東面のカラーベストの屋根。この面に12枚のモジュールを設置します。
s様邸-365.gif s様邸-368.gif


今回は人力で上げました。   架台を取り付けるカラーベスト専用の金具を設置します。
s様邸-367.gif s様邸-372.gif


↓屋根に打ち付けた金具。         雨漏りなどが無いように念入りにシーリングします。
s様邸-371.gif コピー-~-s様邸-375.gif

↓すべての架台を取り付けた状態です。この上にモジュールを設置します。
s様邸-379.gif


↓モジュールを組んだ状態。1枚,1枚配線でつながっています。
s様邸-386.gif

↓屋根面から少し浮いているのがお分かりでしょうか? 結晶シリコンは熱に弱く、この隙間から風通しをよくして暑さから守ります。   モジュールからの電気は1階の接続箱へ配線されます。 
s様邸-392.gif s様邸-397.gif


↓モジュールから発電した電気がこの接続箱に入ります。
s様邸-406.gif s様邸-403.gif


↓さらに電気は接続箱からパワコンへ入ります。 発電した直流電気を使用出来る交流に変換するわけです。
 s様邸-382.gif s様邸-384.gif 


↓カラーモニター。発電した電気量や使用した電気などを見ることができます。2,2kW発電して、0,4kW使用し、残りの1.8kwを売電している状態です。
s様邸-405.gif  s様381.gif

↓メーターが2つになります。右が新たに付いた売電用のメーターです。
s様-379.gif


第三部  最終章 オール電化
太陽光発電システムとオール電化は必ずしも両方しなければならないものではありません。
弊社での施工例でもオール電化だけのお客様や、太陽光だけのお客様もいらっしゃいます。

ただ、太陽光発電とオール電化は非常に相性がよく、同時にした場合の全システム費用の償却期間が短くなることは間違いありません。
オール電化のはぴeプラン契約は、夜の電気は安くても昼間が高く設定されていますので、太陽光発電を導入すると、昼の高い電気を買わなくて済みます
当然、余った電気は高く(今後です)買い取ってもらえますから、システムの規模によっては、光熱費0円も夢ではありません。

また、エコキュートも補助金があって、現在(平成21年度)は一律4万1千円が戻ってきます。

Y様邸では、エコキュートがパナソニック製 HE-K46BQS(¥813,000)、IHクッキングヒーターは同じく
 KZ-HSW32DP(¥275,000)に決定しました。
どちらもパナソニックに決ったのは、IHがデザイン、機能、価格等で吟味された結果先に決まり、エコキュートも同じメーカーで、というご要望からでした。

↓エコキュート・ビフォー                          アフター
u-009-(3).gif s様邸-306.gif

エコキュートの設置場所は、通常ではガス給湯器を設置してある場所に設置するのが、一番ロスも少なくて適しています。
Y様の場合、将来的に増築する可能性がある、との理由からエコキュートの設置はガス給湯器があった場所ではなく、建物から離れたアジサイが植わっていたところに決まりました。

↓エコキュートの土台基礎作り。アジサイには悪いですが、仕方無く抜きました。

u-009.gif ut-017-(3).gif


↓配管や配線などの工事をします。工事は1日で終ります。
s様邸-305.gif s様邸-304.gif

↓最後は仕上げをし、各所不備が無いかチェックして完了します。
ut-017-(5).gif s様邸-308.gif

↓ビフォー                                 アフター
u-009-(6).gif s様邸-307.gif

u-009-(27.gif s様邸-360.gif

最後になりましたが、今回のリフォームにかかりましたご費用などの詳細をご紹介します。
Y様邸エコリフォームご費用詳細

太陽光発電システム・システム公称出力2,52kW

● サンヨー HIT21  HIP-210BKH5 ¥143,000(税抜)→12枚
● 同、 パワーコンディショナー SSI-TL27A1 ¥220,000(税抜)→1台
● 同、 カラーモニター STK-RCS-PCM2C ¥73,000(税抜)→1セット
● 同、必要部材(接続箱・ケーブルなど)

製品及び部材などで → 合計 ¥2、051,800(税抜)

工事費が→        合計    ¥310,000(税抜)
                       (架台・電気工事・設置費、諸経費など)

以上の合計 ¥2、361,800(税抜)から値引きー¥616,800(税抜)をお引きして、最終的なご費用は ¥1、745,000(税抜)となりました。

戻ってくる補助金ですが、システム公称出力が2,52kWなので、国と堺市双方から1kW当り7万円が補助されます。従いまして7万円×2=14万円×2,52=35万2,800円が戻ってきます。
Y様の実質的なご負担は補助金を引いた金額、 ¥1、479,450(税抜・消費税含)となります。

オール電化
● パナソニック・エコキュート  HE-K46BQS ¥813,000(税抜)

● パナソニックIHヒーター  KZ-HSW32DP ¥275,000(税抜)

商品合計 ¥1,088,000(税抜)ですが、ここから45%OFFでご提供させていただきました。
値引き後の商品価格 → ¥588,000(税抜)
       工事費 → ¥198,000(税抜)エコキュート、IHクッキングヒーター共

合計¥786,000(税抜)とさせていただきました。


以上が今回の工事にかかったすべてのご費用で、太陽光発電システムが¥1、745,000(税抜)、 オール電化の方は¥786,000(税抜)で、
総合計は¥2、531,000(税抜)となりました。

補助金は国と堺市から合計¥352,800と、エコキュートが¥41,000合わせて¥393,800が戻ってきます。

最終的なY様のエコリフォームのご負担は¥2、531,000(税抜)-¥393,800=¥2,137,200(税抜)となりました。

今回のY様の場合、お支払は現金でしたが、もし、これを弊社取り扱いローンでご返済になりますと以下のような試算をご参考に計算してみました。

※お支払ご参考例  弊社取り扱いローン はぴeリフォームローン 180回 均等 


今回ご費用総合計 → ¥2,263,750(税込)

180回均等では・・・ 初回のみ¥28,043  
             残り   ¥15,400×179回 となります。
    ※実質年利2,85%(平成21年7月現在・エコキュートありの場合の金利です)

以上、今回の夢リフォームは長くなりましたが、リフォーム内容の性質上まだまだご紹介しきれないところも多々ありまして、これくらいで納めきるのが精一杯でした。最後までご覧頂きましてありがとうございました。

また、メーカーの10年保証はもちろんですが、屋根の上に設置するという性質上、お客様のご不安解消の一助になればとの観点から、施工時の写真(特に架台などに隠れるところ)を撮ってお渡ししています。


最後までご覧いただきありがとうございました。

㈱りらいふ スタッフ一同より。
平成21年 7月吉日

お問い合わせ、ご相談、見積りは無料です。下のバナーをクリックしてください!
toiawase.gif

(りらいふの営業エリア)

○大阪府南部
大阪狭山市・堺市・高石市・和泉市・河内長野市、富田林市、南河内郡、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、太子町・河南町・千早赤阪村

○奈良県西南部
香芝市・葛城市・大和高田市・広稜町・上牧町・王寺町