住宅リフォーム・エコキュートなど省エネ住宅設備の実績10,000軒以上!信頼できる施工会社

電気式ヒータータイプ床暖房

電気式ヒータータイプ床暖房の種類、工事費用や日数についてご案内いたします。

◇電気式ヒータータイプ 床暖房の種類
●仕上げ材一体型

床暖房写真6

厚さ12㎜の床材の中にヒーターを組み込んでいます。
発熱体から床表面までが短い(約5㎜)ので、短時間で昇温し工事も簡単なのが特長です。

仕上げ材一体型は、リフォームで床暖房を導入する場合におすすめです。
現在の床面を剥がさずに直接上貼りしますので、費用を抑えられるメリットがあります。

●仕上げ材分離型タイプ

床暖房写真7

仕上げに使う床材を自由に選べるのが特長です。
仕上げ材一体型に比べて発熱体から床表面までが少し長くなり、床が暖まるのが遅くなります。

●電気式カーボンフィルムタイプ

床暖房写真8

炭素繊維を発熱体に用いた床暖房です。
炭素繊維は宇宙船や航空機、ゴルフクラブなど多岐にわたり利用されていますが、近年、床暖房の発熱体にも応用が始まりました。薄くて量産に適しているので、安価で工事性が良く、耐久性(30年以上)に優れていて保守も不要とされています。

◇電気式ヒータータイプ床暖房の工事費用
●ヒーター式
一体型と分離型、仕上げ床材の質により価格や費用も違ってきます。

仕上げ材一体型は、床表面に傷が付きにくいように木材の組織にプラスチックを浸み込ませた加工を施した製品が主流となり比較的高価になってきました。
1畳辺り5万円~10万円位(リモデル/工事費含む・上貼り)が最低ラインになります。

また分離タイプになれば、この費用にいくらか金額も上がります。

●カーボンフィルムタイプ
仕上げ材分離型ですので床仕上げ材は別として、【りらいふ】で取り扱うメーカーの平均的な費用でお伝えすると、1畳辺り/3万円~5万円(リモデル/工事費含む・床仕上げ材別)でしょう。

◇電気式ヒータータイプ床暖房の工事日数
床の状態(床下収納や掘りごたつがある等)によりますが、10~14畳程度のリビングで2日間は必要です。


床暖房は、住宅条件により種類も工事も多岐の選択が可能です。お客様のお住まいの条件やご希望をうかがい、最適な割付と工事で経済的なプランをお作りいたします。お気軽にお見積りをご依頼ください。

お支払いには、関西電力の低金利リフォームローン“はぴeリフォームローン”をご用意しております。初期費用0円で健康暖房の夢をかたちに・・・
ご相談とお見積りは無料にてさせていただきます。

(りらいふの営業エリア)

○大阪府南部
大阪狭山市・堺市・高石市・和泉市・河内長野市、富田林市、南河内郡、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、太子町・河南町・千早赤阪村

○奈良県西南部
香芝市・葛城市・大和高田市・広稜町・上牧町・王寺町