住宅リフォーム・エコキュートなど省エネ住宅設備の実績10,000軒以上!信頼できる施工会社

エコキュートの設置にご不安がある方へおススメ工事ブログ

オール電化には必須のエコキュート。どうやって工事するのか?そもそもどこへ置くのがいいの?

オール電化にするにはエコキュートか電気温水器は必ず設置しなければなりません。

『同じ給湯器だから、たぶん今使っているガス給湯器やボイラーがあるところへ設置するんやろうけど、そんなに広い場所はないけど・・・』といったご不安やご心配をお持ちの方も結構たくさんいらっしゃいます。

でも心配ご無用!りらいふでは狭小地の設置でも、豊富な施工実績があります。
どんなところでもOK,というわけではありませんが、お客様のお家の状態から最適な施工をお約束いたします。ここではそんなエコキュートの工事ブログであなたにピッタリ!のオール電化メニューを見つけてください。

taitoru.gif
sen2.gif

2008年9月24日(水)

光熱費が抜群に安いエコキュートですが・・・
お湯を貯めておく貯湯ユニットが大きくて設置場所に制限があるのが唯一のデメリットです。

設置場所としては、新築住宅であればキッチンやバスなどお湯を使用するエリアに近ければ近いほど効率的でお湯待ちのストレスが少ないのでベターです。

既設住宅の場合はそれまでに使用していた給湯器があった場所が一番です。
しかし、ガス給湯器が設置可能であっても、大きな貯湯タンクのあるエコキュートは置けないケースは結構あります。
本日は松原市のお客様でオール電化の工事をさせていただきましたが、やはりガス給湯器を設置していたところは駐車スペースの関係からエコキュートは少し離れた場所に設置することになりました。

↓画面手前がエコキュートの設置場所。当社倉本が何かゴソゴソしているところがガス給湯器があった場所です。(給湯器の写真を撮るのを忘れてしまいました)
長-056.gif

丁度倉本が作業しているところにガス給湯器がありました。
長渕-062.gif


↓エコキュートの土台基礎。画面右端からU字型に伸びてきているのはお風呂の循環配管です。
長渕-053.gif

給水はともかく、給湯やお湯はりの配管は使用場所に近いのが原則なので、画面にあるように給湯配管(白く丸まって巻いている菅)と給水配管はエコキュートの設置場所に最も近いキッチンの床下で接続しました。

この場合、家の基礎に穴を貫通しますので、お客様のご承認をいただくのは当然です。


↓エコキュートを設置して配管や配線を接続している途中の様子です
長渕-063.gif

長渕-066.gif


↓完成しました。右に伸びている配管はお風呂の追い焚き配管です。給水や給湯、電気配線類はお家の基礎から入れていますので隠れて見えません。
長渕-071.gif

sen2.gif

施工に要した時間は1日半(土台基礎など、事前に工事しています)でした。

お問い合わせ、ご相談は無料です。下のバナーをクリックしてください!
toiawase.gif

(りらいふの営業エリア)

○大阪府南部
大阪狭山市・堺市・高石市・和泉市・河内長野市、富田林市、南河内郡、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、太子町・河南町・千早赤阪村

○奈良県西南部
香芝市・葛城市・大和高田市・広稜町・上牧町・王寺町