住宅リフォーム・エコキュートなど省エネ住宅設備の実績10,000軒以上!信頼できる施工会社

電気温水器のご案内

エコキュートに圧倒されて時代遅れ的に思われています・・・

確かに昨今のオール電化、エコキュートブームに乗って出る幕が減った電気温水器。
省エネ性能を誇るエコキュートに対して、ヒーターを加熱してお湯を沸かす方式の電気温水器は到底省エネ機器とは言えません。
割安な深夜電力契約を利用できるので経済的ではあっても、省エネではないのです。

エコキュートが世に出て(2001年頃)以降、それまで電気温水器を作っていたメーカーも取扱いを中止して減り続けています。
大手では三菱、パナソニック、日立くらいでしょうか? それでも一時のラインアップとくべれば相当に減っています。
近い将来、電気温水器は自然消滅していくと思われていますし、寂しいですがこれも時代の流れなのかもしれません。

しかし、ちょっと待ってください。お家の事情によっては、エコキュートよりも電気温水器の方が経済的な場合もあるんですよ。
例えば、ある1軒のお家が、これから電気給湯器を検討されている、とします。
仮にAさんとします。Aさんの家は息子さんたちが独立したのでご夫婦2人暮らし。

普段の光熱費はそれほど高くはありません。電気代、ガス代合わせて年間に12万円ほどです。
月平均ですと、¥10,000程度です。

こちらのAさんが仮に電気給湯器を導入して、オール電化にした場合の光熱費シュミレーションをエコキュートと電気温水器で比べてみましょう。

                           経済効果

〇 エコキュートの場合 ・・・はぴeプラン契約にすれば年間に3万6千円ほど光熱費が浮く事が分かりました。
 ※はぴeプランの新規受け付けは平成27年3月で終了します

〇 電気温水器の場合 ・・・ エコキュートと同機能、同条件で、同じく年間に2万4千5百円が浮く事が分かりました。

この試算結果だと、エコキュートは電気温水器よりも年間に1万2千円ほど光熱費がお安くなることが分かります。

             イニシャルコスト(設備費)
エコキュートと電気温水器の初期費用の差は、およそ20万円(当社比)。

この20万円を年間に浮く光熱費の差で埋めるのは何年かかるでしょうか?
20万円÷1万2千円 = 16.5年 となります。

16.5年かかってようやくエコキュートは電気温水器の設備費の差に追い越されるわけです。

当然、使用開始後16.5年を超えてからはエコキュートのほうが経済効果は高くなりますが、問題は【寿命】です。

一般に製品の故障や不具合の発生頻度は、その製品の部品点数や構成、構造と密接に関連しています。
電気温水器はエコキュートよりも同性能でも部品点数は少なく、それによりリスクも少なくなっています。すなわち、【製品の寿命】は電気温水器の方が長い、と見てよいでしょう。

私たちもエコキュートの優れた経済性を認めていますので、エコキュートをおススメしています。
但し、それは本当にその性能が発揮できて、そのお客様に合ったものであれば、というのが前提です。一般に光熱費が高いお家ほど、エコキュートの経済性が生きてきます。

Aさんのような少人数で、もともと光熱費の少ないお家は、むしろ電気温水器の方が有利な場合もあるのです

他社でのことですが、光熱費をあまりお使いでない老夫婦2人暮らしや、独居老人宅に高価なエコキュートを勧めて販売した話を聞くこともあります。
合法的で詐欺ではないけれども、もっと消費者側に立った提案くらいしたらどうなのか?と思うことがあります。
お客様がどうしてもエコキュートを選ばれるならそれで結構かと思いますが、きちんとした説明もなしに、商売優先に流れた姿勢はいただけませんね。

当社では電気温水器もお安く販売、施工もしています。是非、ご相談下さい。

お問い合わせ、ご相談、見積りは無料です。下のバナーをクリックしてください!
toiawase.gif

(りらいふの営業エリア)

○大阪府南部
大阪狭山市・堺市・高石市・和泉市・河内長野市、富田林市、南河内郡、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、太子町・河南町・千早赤阪村

○奈良県西南部
香芝市・葛城市・大和高田市・広稜町・上牧町・王寺町